財布の色を風水で決めれば金運が上がるってホント?

お金

スポンサードリンク


あなたは今年、財布を買い換えましたか?

私はもちろん買い換えましたよ。
しかも「寅の日」に購入して、「己巳の日」に弁財天で洗ったお金を財布に入れてから使い始めるという念の入れようでした。

最近は電子マネーも増えてきて、財布無しでも生活することが可能になりましたけど、やっぱり財布はほとんどの人が毎日持ち歩くアイテムなのではないでしょうか。

そのせいか、普段は風水にまったく興味を示さない人からも、年末から2月の初めにかけてはお勧めの色を聞かれたりします。

なぜその時期かというと、風水には1月1日以外にも「立春」と「旧正月」という2回のお正月があるからなんですね。

立春は毎年2月4日辺り。旧正月はその年々で変わりますが、中国圏では爆竹を鳴らして派手にお祝いするので、あなたも見たり聞いたりしたことがあるのではないでしょうか。

この時期に買う財布は「春財布(張る財布)」と言って、財布がパンパンになると言われているのです。

あなたが財布の色を風水で決めてみようと調べたことは、とても素晴らしい思いつきです! しかも「フククル風水」にたどり着いたあなたは、なんてラッキーなのでしょう♪

だって、「フククル風水」はこれからあなたに重要なポイントをお教えしようとしているのです!

財布と金運には並々ならぬ密接な関係があって、ほんのちょっとのポイントを知っているだけで、あなたは金運をコントロールできるようになるのです。

そのポイントを「フククル風水」があなたにお教えしますね。

非常に重要なポイントですので、最後まで読んで新しい財布を買うときに役立ててください!

財布は毎年買い換えるものなの?

ところで、あなたはおいくらくらいの財布を使っていますか?

ラグジュアリーブランドともなれば、10万円を超える財布だって珍しくありません。

清水の舞台から飛び降りる気持ちで買った財布なら一生モノにしたい気持ちもわかります! だって、本革の財布なら年月とともに味が出て高級感が増してきますもんね!

でも、ちょっと待ってください。その財布、年月が経ってエネルギーが低下していませんか?

毎日バッグの中で荷物と擦れ、手垢で汚れが付着して、「味」というよりはまったく元気のなくなったヨボヨボの財布になっていませんか?

そもそもエネルギーは新品の時が最も高いわけで、丁寧にメンテナンスをしていても、あとは低下するのみです。

エコの精神は必要ですが、くたびれた財布に金運が巡ってくるでしょうか?

あなたが財布の色を気にかけた、その目的が金運を上げることであるならば、ぜひ新しいエネルギーに満ちた財布に買い換えてください。

お守りを毎年買い換えるのと同様、財布も毎年新しいものに買い換えて、あなたの大切なお金に新しくて綺麗な家を与えてあげてください。

そうすれば、お金は新しくて綺麗な家をお友だちに自慢したくて、あちこちからお金のお友だちをあなたの財布へと呼び込んでくれるはずです。

誰だって、古くて汚れた家より新しくて綺麗な家のほうが良いものです。

財布が金運に与える影響

財布に限らず、「商品」には売るための話題が絶えることがありません。
女性が使う財布の形も、がま口から二つ折りへ、そしては今は薄手の長財布が主流になっています。

宝石のDE BEERSが「婚約指輪は給料の3カ月分」を定着させ、チョコレートメーカーのメリー・チョコレートが「バレンタインにはチョコレートを贈る」ことを定着させたように、財布もまたその時々で人気の形は変わっていきます。

様々な選択肢があるのなら、金運が高まる財布を使いたいですよね。

財布はお金を入れて持ち運ぶもの。言わばお金の家です。

その家は、ただお金を貯めるためにあるのではなく、お金を出したり入れたりしながら「気」を活性化させて、たくさんのお金が入ってくるように仕向けることが必要なのです。

使って増やす。これが大切なんですね。

新しくて気に入った財布を使えば、楽しい気分になれます。そうした良いエネルギーはお金の流れを強化して、たくさんのお金を引き寄せることに繋がるのです。

風水では、お金は「水」に例えます。
良いエネルギーを持ってお金を使えば、水の流れが変化して、常にたくさんのお金があなたの財布に流れ込んでくる道筋を作ってくれます。

その大切な流れの基本となるのが、お金の家である財布なのです。
このことはお金を引き寄せる大切なポイントなので、頭の中でイメージしてみてくださいね。

赤い色の財布はお金を燃やすってホント?

さて、いよいよ色の話です(笑)

日本でお財布と言えば、黒とか茶色が主流ですよね。それはなぜなのか。

「赤い色の財布は紙幣を燃やす」なんて話、よく聞きませんか? 私は母から「赤はアッカンベーって言ってお金が出て行っちゃう」なんて、今から考えると謎な迷信を聞かされてきました。

日本の場合、どうしても「赤字」や「火が紙幣を燃やす」というイメージに繋がってしまうのでしょうね。
そういうイメージが定着していたから、赤い財布は普及しなかったのでしょう。

でも、海外は違います。「赤字」という言葉も「アッカンベー」もありませんから、シャネルでもヴィトンでもエルメスでも、昔から赤い財布が売られていましたし、その恩恵にあずかった人もたくさんいたのです。

財布は赤色で陽の気を高めるのが風水の基本

赤い色の財布は「陽の気」を高める、風水では最高の財布です。

ただし、年によっては赤以外が良い年もあります。ちょっと複雑な説明になってしまうのでここでは避けますね。
玄空飛星派風水の基礎については、また別の機会にお話しします。

確かに、「火が紙幣を燃やす」という説にも一理あります。でも、それを補って余りあるほどに赤は高い陽の気を持つ、素晴らしい色なのです。お金の家となる財布に、これほど相応しい色はありません。

可能であれば、外側は赤、直接お金に触れる内側は金色になっている財布がベストです。
火は金を溶かし、金は水となってお金の流れを作ります。赤&金色の財布は、あなたに素晴らしい金運と権威とを与えてくれるでしょう。

赤い財布の金運をさらにアップさせる秘密のポイント

「フククル風水」は、風水のウソホントを解説するだけではありませんよ~(笑)
さらに金運アップが見込める秘密のポイントもお教えしますので、あなたもぜひ試してみてくださいね!

お金持ちから受け取った紙幣を財布に入れておく

これは、金運を高める風水の方法です。
あなたがお金持ちから紙幣を受け取ることができれば、今のあなたの経済状況は劇的に変化して行くでしょう。
紙幣を交換してもらっても構いません。その紙幣は金運を招き入れる種として、財布に入れて大事に保管しておきましょう!

天然海塩の結晶を財布に入れておく

海塩は非常に浄化力に優れていますし、さらに金運を引き寄せる力もあります。
海塩の結晶をいくつか袋に入れて財布に忍ばせておきましょう。お金を引き寄せる力はもとより、お金が出ていき過ぎることがなくなります。

財布をプレゼントするときはお金を入れて贈る

中身が空っぽの財布は不吉です。
プレゼントとして財布を贈るときは、必ず中にお金を入れてから贈りましょう。
売り場の人にお願いして、包装する前にお金を入れさせてもらえばいいのです。
そうやって、あなたの友人にも良い気を分けてあげてください。それはきっと、近い将来あなたに還ってくるはずですから。

希望年収の200分の1の金額の財布を購入する

あなたの財布はおいくらですか? そして、あなたの年収はおいくらですか?
財布と年収との関係には、ある法則があるらしいですよ。
https://toyokeizai.net/articles/-/211012

もしあなたが年収1,000万円を目標とするなら、5万円前後の財布を買ってみましょう!

■年収1,000万円を狙えるフェラガモの財布 綺麗な赤と金ですねvv

最後に

さて、いかがでしたか?
風水が勧める財布の色は赤で決まり! でしたね。

ネガティブな言い伝えはいったん無視して、赤い財布を使ってみてください。
お金の流れが活発になり、あなたはきっとその効果に驚くはずです!

スポンサードリンク


テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました